セフレ

no1LOVE
  • LOVE
  • 評価5

少し刺激のある出会いを楽しみたい方にオススメのせフレサイトです。検索機能が充実しているので好みの相手が見つけやすいです。

LOVEの詳細はコチラ▶

no2VIXY
  • VIXY
  • 評価4

出会い探しに便利な機能が揃っているので、目的に合った出会いが探しやすいのが特徴の人気せフレサイトといえばコチラ!

VIXYの詳細はコチラ▶

no3愛カツ
  • 愛カツ
  • 評価1

充実したコンテンツが魅力のせフレサイトです。楽しみながら出会いを探す事ができるので、会員数も多い人気のサイトとなっています。

愛カツの詳細はコチラ▶

no4FirstMail
  • FirstMail
  • 評価3.5

フリーアドレスで登録ができるので初心者の方でも安心・安全に利用する事ができます。オススメの優良せフレサイトといえばコチラ!

FirstMailの詳細はコチラ▶

no5
  • 評価4.5

シンプルなデザインで使いやすいせフレサイトなので、女性の利用者も多いサイトです。男女比のバランスが取れた人気のサイトです。

の詳細はコチラ▶

せフレと恋人

恋人

日本最大の観光地である事に、おそらく異論を唱える人はいないであろう京都府。
数多くの国宝、重要文化財、神社仏閣、そして今日に歴史の姿を残す古き町並みを有し、
観光旅行や修学旅行で訪れる国内外の人達を感嘆させ続けています。
そんな京都の人達は自分達の文化伝統を守ろうとする意識が非常に強く、
その町並み、舞妓さんが受け継ぐ伝統など、あらゆる場面でえ「頑固さ」を見せており、
これこそが京都を今日まで維持し続けている大きな要因だと思われます。
他の地域から移住して来た人達が京都人になるには「十世代を要する」と言われる通り、
京都人は京都に対する卓越したプライドを有しており、中途半端な京都人の存在を断じて許容しません。
そんな京都の女の子も当然、独特個性的であり、最初の印象こそ柔らかくとも、ホンネがなかなか見極められません。
そんなホンネと建前の使い分けの達人が溢れているのが京都の女の子達ですから、
せフレ関係を狙うのであれば、まずはこの部分をしっかり理解しておかねばなりません。
ですが相手の方もそんな関係を求めていたのであれば、話は一気に進展する事でしょう。
ホンネと建前の切り替えは、せフレと恋人の切り替えにも通じると思えば、その関係も上手く構築継続出来る事でしょう。

真面目な性格を逆手に取る

性格

日本列島のほぼ中央に位置する広い面積を有する長野県。
その県庁所在地の長野市はかつてより善光寺の宿場として機能し栄えていました。
大きなお寺のお膝元という位置関係もあり、長野の人達は総じて真面目かつ保守的だとあれています。
そして興味深い現状として、長野市と松本市はいわば犬猿の仲であり、
以前は独立議論が生じた程、双方間の対立は強いモノがありました。
そんな長野県民は議論好きな一面を有し、物知り博学である事に対し、強い自尊心を感じる傾向が見られます。
これは男女双方に共通しており、理屈を前面に何でも議論するのが常となっています。
かつて寺子屋の数が日本で1番多かったのも納得出来る、長野県の県民性を表しているかと思います。
そんな長野県の女の子をせフレにしようと狙うのであれば、こうした真面目な性格を逆手に取るのがポイントなのです。
相手との議論を通じ、少しずつその牙城を崩しつつ、自然に相手をエッチな女の子に染めて行くのです。
元来学習能力に長けていますから、程無くエッチの面でも優等生になってくれる事でしょう。

私と友だち

友だち

修学旅行・・・田舎から都会へと行くので、旅行の準備段階から私はワクワクしていました。
地元の子はなんか垢抜けないというのか、きっと都会の男はかっこいい子が多いんじゃないかと思っていたんです。
友達もそれを一番に期待していました。
私達は見学する場所や泊まる所なんて、もはやどうでもよかったんです。
旅行当日、意気揚々と出かけたのですが・・・初日は団体行動で、そんな暇もなく。
さて次の日の自由行動に私達女子何人かと、決まっていたコースとは別のコースをあてもなく歩いていきました。
「なんかそんなにかっこいい子なんかいないんだね」ちょっとがっかりしながら歩いていくと、後ろから声を掛けられました。
振り向くとはるかに年上の男性達でした。
数人はあぶないよと言って帰ってしまいましたが私と彼女だけが残り、彼らについていきました。
しばらくいくと路地裏につれていかれました。
私もちょっと危険かな?と思ったのですが彼女の好みの男性もいたし、もちろん私にもいました。
「ねえ、ここでいいことしようよ」やっぱり・・私と彼女は別々の場所にいき私はその男性にフェラを強要されました。
しゃがんで彼のペニスをくわえ大きくしました。
「そろそろ入れてやるよ」制服のスカートをバッとめくり上げると一気に突かれて・・・ふと気が付くと、どこからかあえぐ声が聞こえました。
きっと友だちだ、そう思いながらも私もあえいでいました。

仲良い関係を築く

関係

三重県の特産品と言えば、松坂牛、伊勢エビ、あこや貝などが思い浮かぶかと思います。
その昔から陸海色々な作物が豊富であり、総じて生活しやすい環境が整っていますので、
人々はさほど無理する事なく、それなりの安定した生活が出来ていました。
そんな歴史も影響しているのか、あくまで背伸びせずマイペ−スを好む人が多く、都会人のようなガツガツ感は見られません。
これも昔から伊勢神宮という国内屈指の神社を抱え、全国から続々と参拝者が訪問してお金を落としてくれるシチュエ−ションも影響しているのでしょう。
現在あるモノを上手く有効活用した堅実な商売で生計を立てる・・・これが三重県人の基本的価値感なのです。
そんな三重県の女の子ですから、当然基本のんびりのほほんタイプが中心であり、案外これがせフレに向いているかも知れないのです。
まずは仲良い関係を築き、タイミングを見計らって一気に勝負に出れば、きっとせフレゲットが叶う事でしょう。
その前に伊勢神宮に必勝祈願を・・・ちょっと違ったりして(笑)?

始まったばかり

始まった

ひょんなことから、私はせフレの友達とも仲良くなりました。
私の中では、せフレよりも彼の方が合うと思いました。
相談もちゃんと聞いてくいれるし、話はおもしろいし・・なにより彼といると楽しくてしかたありませんでした。
私のそんな気持ちが彼に伝わったのでしょうか。
「今日あい深夜のバイトじゃん、俺んちこいよ」一瞬だけ悩みましたが、結局彼の家にいってしまいました。
色んなことを話しました。
自然に隣にいる彼がとても私には居心地がよくて、そのとき彼の顔をじっとみていたら「チュッ」と軽いキスをしてきた彼。
「俺の女にはなれない?あいつには俺が話すから」「そしたら二人の関係が壊れるでしょ?」本気にしていなかった私は笑って答えました。
「あいつといると疲れるんだよな、わがままだから」それは私も同感でした。
彼の首筋にキスしながら「抱いて」と小さな声で言いました。
もう今のせフレとは終わりにしようと覚悟を決めました。
手の感触もせフレと違って優しくて・・穏やかな気持ちで彼を感じることができました。
それに、意外と激しく突くのもまた気持ちよくて。
せフレは自分がイクことだけしか考えていないひとでしたから、私をイカせてくれる彼にどんどん魅かれていきました。
「気持ちいいか?」「うん」「じゃあ、もっと感じてほしい」こんな言葉も彼氏は言ってくれたことなんかないんです。
ほぼ一晩中彼に抱かれていた私。
翌日彼と彼氏は大喧嘩をして関係を終わりにしました。
でも私と彼との関係は始まったばかりです。

Copyright© 2014 安全なせフレ募集掲示板はコチラ! All Rights Reserved.